2009年12月15日火曜日

CELL REGZA 55X1

 東芝は、「CELL レグザ 55X1」を12月10日から販売開始しました。店頭価格は978,000円

 CELL REGZAは、CELLプラットフォーム超解像技術を用いた、同社液晶テレビの新たなフラッグシップモデル。55V型(フル HD1,920×1,080ピクセル)で、3TBのHDDを搭載し、地上デジタル×11/地上アナログ/BS・110度CSデジタル×3のチューナーを装備します。ディスプレイ部とチューナー部に分かれ、リモコンを含め、アルマイト処理を施したアルミとスモーク素材により、統一した素材感を持った高級感のあるデザインを採用しました。

 そのほか代表的な特長として、ピーク輝度が1,250cd/m2、ダイナミックコントラスト比500万:1を実現した「メガLEDパネル」や、1 秒で120枚の映像を映し出す「倍速機能」、最大8チャンネル分、過去約26時間分の番組を2TBの容量に保存可能な「タイムシフトマシン」機能などを搭載しました。

 また、発売に合わせ、ブロードバンド映像サービス用に、新たに「ネット超解像技術」を適用します。今回の適用によって、発売時に対応予定だった「アクトビラ ビデオ・フル」、「テレビ版Yahoo! JAPAN」、2010年1月末に対応予定の「ひかりTV」について、2010年2月末に放送波と専用サーバーからのソフトウェア・ダウンロードによるバージョンアップ対応に変更。このバージョンアップを行なうことで、ネット映像特有の圧縮ノイズを検出・分離して補正を行ない、大画面に合わせた高精細な映像を楽しむことができるといいます。

 従来のREGZAシリースに比べ143倍の処理能力をもつ“Cell Broadband Engine”をセルプラットフォームとし、高画質化処理、多チャンネル同時録画処理、ネットワーク処理をソフトウェア処理で実現。超解像技術ではエッジ部を忠実に復元する自己合同性型超解像処理、色超解像処理など画像系やネット動画も高画質で楽しめる超解像技術に対応しています。なお、自社開発のメガ LEDパネルを採用するなど贅沢なスペックとなっています。

 パソコンより高性能なのではと思わせるスペックですね。東芝REGZA(レグザ)Z7000を使っているのですが、液晶テレビの買い替えもしたくなってしまいます。

2009年12月6日日曜日

2009年12月のMSパッチは6件

 Microsoftは、12月8日(日本時間9日)に6件の月例セキュリティ情報を公開し、Internet Explorer(IE)やOfficeの深刻な脆弱性に対処します。3日に公開した事前通知で明らかにしました。

 内訳は深刻度が最も高い「緊急」レベルが3件、上から2番目の「重要」レベルが3件で、合計12件の脆弱性を修正する予定。

 緊急レベルの3件のうち、最も優先度が高いのはIEの更新プログラムで、11月に発覚したIE 6と7のゼロデイの脆弱性にも対処します。この問題ではコンセプト実証(PoC)コードが出回り、Microsoftがアドバイザリーを公開して注意を促していました。

 一方、Windowsの緊急レベルの更新プログラムは、深刻度は緊急だが悪用可能性指標はそれほど高くないため、優先度はIEの更新プログラムよりも低くなっています。

 Office関連の更新プログラムはProject、Word、Works 8.5が対象となますが、深刻度が極めて高い脆弱性があるのはProject 2000のみだといいます。

2009年11月29日日曜日

BDレコーダーの傾向

メーカーによって“フラグシップモデル”の位置づけが微妙に異なることが分かります。例えばソニーとパナソニックは、ホームシアターの高級Blu-ray Discプレーヤー需要を取り込もうと、フラグシップモデルを大きく差別化した例です。

ソニーの場合、「BDZ-EX200」のみ別デザインの筐体(きょうたい)を使用し、HDMI出力を2系統用意するなどハードウェアから大きく変えた。2系統のHDMIは、テレビとプロジェクターなど2つの映像デバイスに同時接続(同時出力は不可)できるほか、音声信号と映像信号を分離出力することもできます。「CREAS 2 plus」の再生画質に加え、長時間モードの画質向上も大きなトピックです。

一方のパナソニックは、デザインこそ下位モデルと変わらありませんが、BD再生時にHDDの回転やデジタルチューナーへの給電を止めて再生画質の向上を図る「シアターモード」を搭載しました。また、デジタル音声処理で温かみのあるサウンドを再現する「真空管サウンド」はユニーク。普通のAVアンプにリニア PCM入力するだけで、まるで真空管アンプをマルチチャンネルでそろえたようなシステムになります。技術者の遊び心に触れたい人には魅力的でしょう。

シャープの2機種は、やはり2系統のMPEG-4 AVCトランスコーダーを搭載して、2番組同時録画時の長時間記録に対応したのが特徴。内蔵HDDは、最上位の「BD-HDW50」で1Tバイトとソニーやパナソニックの半分ですが、それだけに買いやすい値段で他社製品にない機能を手に入れることができます。

三菱電機は、ネットワーク機能と「超解像」で差別化を図った。i.LINK(TS)は上位2モデルが搭載していますが、最上位モデルのDVR- BZ330は、映像エンジン「DIAMOND HD」による超解像技術、および「アクトビラビデオ・フル/ダウンロード」対応のネットワーク機能が差別化のポイント。内蔵ハードディスクドライブはシャープ機と同じ1Tバイトですが、実売価格の値下がりも手伝い、コスト面も魅力です。

2009年11月12日木曜日

フォトリモ@ナビ

 シャープとパイオニアは、携帯電話とカーナビゲーションシステム間のシームレスな連携を実現する規格「フォトリモ@ナビVer.1.0」の技術仕様を公開しました。

 「フォトリモ@ナビVer.1.0」は、4月13日にシャープとパイオニアが共同で発表。フォトリモ技術をベースとした地点情報のWeb流通・簡易利用、Bluetoothによる携帯機能とカーナビ機能の高度な連携を実現しました。また10月20日~22日も幕張メッセで開催された「第1回国際自動車通信技術展」において、第1回ATTTアワードの「プラットフォーム部門優秀賞」を受賞。ユーザーにとって身近なツールである携帯電話を用いて規格の標準化を行い、幅広い普及を目指していることなどが評価されたといいます。

 開示内容は、概略仕様書、フォトリモ仕様書、位置情報仕様書、通信シーケンス仕様書、通信データフォーマット仕様書、メール情報仕様書など。この技術仕様を参照することにより、端末メーカー、サービス事業者は「フォトリモ@ナビVer.1.0」対応の端末やサービスの開発が可能となります。

 フォトリモ@ナビは、シャープのフォトリモとパイオニアが開発したカーナビゲーションシステムを核とした情報ネットワークを組み合わせたものです。ケータイで入手した位置情報をBluetoothでカーナビへ転送し、目的地の検索や設定が行えます。また、カーナビが予想した到着予想時間をメールしたり、ケータイの不在着信や未読メールをカーナビに表示したりできる。

 本規格のベースとなる「フォトリモ」は,「フォト(画像)でリモートコントロール(制御)」を意味します。JPEG形式の画像データに制御情報を付加することで,デジタル機器を操作する仕組みです。2007年にシャープが開発して,シャープ製の携帯電話機や液晶テレビに採用しています。

 なおシャープとパイオニアは、フォトリモ@ナビを自社製品へ搭載するだけでなく、幅広い機器への採用を目指して、規格の普及活動を幅広く推進するとしています。

2009年11月9日月曜日

Sputnik GoogleのJavaScript実装テストスイート

 GoogleはJavaScript実装をテストする包括的なテストスイート「Sputnik」をオープンソースとして公開しました。異なるJavaScript実装間の差異を検出できるといいます。Webブラウザ間の互換性問題の解決に役立つとしています。

 Sputnikは、JavaScriptの標準「ECMA-262, 3rd Edition」への適合度をテストできるスイート。JavaScript言語が関係する5000以上のテストを含む包括的なもので、Googleが自社のWebブラウザ「Google Chrome」で採用したJavaScriptエンジン「V8」用に開発しました。ほかのJavaScript実装でも利用できると判断し、Google Codeで公開することになったといいます。

 現在、Webブラウザには互換性がなく、Web開発者の課題になっているといいます。Googleでは、Sputnikを利用して、オブジェクト、機能、個々のアルゴリズムの振る舞いを確認でき、実装間の違いを検出できる、としています。

 JavaScriptのベンチマークテストでは「SunSpider」がよく利用されています。Sputnikは速度や性能ではなく、ECMA-262への準拠を調べるのが目的となります。

 SputnikはGoogle Codeから入手できる。ライセンスはNew BSD License(修正BSD License)を利用しています。

2009年11月8日日曜日

HDD(ハードディスクドライブ)の追加購入計画

パソコンのハードディスクの調子が悪いので、HDD交換のために、インターネットでハードディスクを注文しました。

今回は、バッファローの500GByteタイプを選択。

ハードディスクドライブ入れ替え用ソフトも添付されているのは、嬉しいですね。

来週の週末にでも届くといいですね。

入れ替えだけでも1日かかりそうです。

疲れたら、ホテル温泉にでも行きたいですね。

2009年11月7日土曜日

Microsoft、11月の定例で「緊急」のセキュリティ情報3件を公開予定

Microsoft は5日、11月の月例更新について事前情報を発表しました。

10日に実施する今回の月例更新では、合計6件のセキュリティ情報を公開する予定で、4件が『Microsoft Windows』に関係します。さらにそのうち3件は、深刻度が「緊急」となっています。

今回の更新では、10月に発売した『Windows 7』に影響を与える脆弱性はありませんが、深刻度が緊急のセキュリティ情報の1つは、コードの大部分が Windows 7 と共通する『Windows Server 2008』に影響を与えるものです。Windows 7 は、10月22日に正式発売されました。

また、『Microsoft Office』に関係するセキュリティ情報も2件公開予定ですが、こちらの深刻度は「重要」となっています。これは、4段階ある Microsoft の深刻度評価のなかで、上から2番目にあたります。

注目すべきは、Office 関連のセキュリティ情報2件が、『Office for Mac』(『2004』版と『2008』版) に影響する点です。この Office に関するセキュリティ情報は、Windows 用 Office (『XP』版から『2007』版まで) にも影響を与えます。

だが全体としては、11月の月例更新は比較的控えめな内容で、過去最大規模を記録した10月の月例更新には遠く及びません。10月の月例更新では、全部で13件のセキュリティ情報を公開しました。うち8件は深刻度が「緊急」で、Windows 7 に影響する2件を含む全34件の脆弱性を修正しました。

パソコンへのウイルスバスターやノートンアンチウィルス、カルペルスキーなどのパソコンのウイルス対策ソフトウェアの導入も大切ですが、システムのセキュリティ惰弱性の改善もしっかり実施する必要があります。

2009年10月22日木曜日

Windows7発売日当日

Windows7の発売日当日となりました。

Windows Vistaを使っている私にも、動作が軽快になったという情報があるので、少し欲しい気持ちもあります。

秋葉原などでは、深夜からWindows7の発売待ちの行列が出来たのでしょうか。

インターネットで自動車のDIY情報収集のため、ネットサーフィンするぐらいの使い方でも、便利なんでしょうかね。

もう少し様子を見たいと思います。

2009年10月9日金曜日

Security Essentials(セキュリティ・エッセンシャルズ)

マイクロソフトは、2009年9月に無料ウイルス対策ソフト「Security Essentials(セキュリティ・エッセンシャルズ)」を公開しました。

無料(フリー)で使えるウィルス対策ソフトですので、今現在、市販のウイルス対策ソフトをインストールしていない人には、Security Essentials(セキュリティ・エッセンシャルズ)はおすすめです。

なお、機能的には市販品と比較して限定的なものとなっていますので、その点をしっかり見極めての利用が必要です。


Security Essentialsは、ウイルス(悪質なプログラム)を検出・駆除するソフト。同社が販売している企業向けセキュリティ対策ソフト「Forefront」と同じウイルス検出エンジンならびにウイルス定義ファイルを採用。市販のセキュリティソフトと同様に、パソコンに常駐してリアルタイムでウイルスを検出する。

ウイルス対策の機能のみを備え、市販のセキュリティ対策ソフトの多くが備えるファイアウオールや迷惑メール対策、フィッシング詐欺対策などの機能は備えていない。

対象OSは、Windows XP/Windows Vista/Windows 7。Windows XPは32ビット版のみだが、Windows VistaとWindows 7については32ビット版と64ビット版の両方に対応している。マイクロソフトのサイトから無料でダウンロードできる。

既にウイルス対策ソフト(セキュリティ対策ソフト)を利用している場合には無理に乗り換える必要はないが、対策ソフトを使っていない場合や、インストールされている対策ソフトが期限切れの場合には、インストールすることを強く推奨している。

スパイウエア対策ソフト「Windows Defender(ウィンドウズ・ディフェンダー)」との違いについても言及している。Windows Defenderはスパイウエアのみを検出するのに対して、Security Essentialsは、スパイウエアを含むウイルス全般に対応している。

このため、Security Essentialsを使用していれば、Windows Defenderは不要。Windows DefenderをインストールしているWindows XPのユーザーに対して、Security Essentialsを導入する際には、Windows Defenderをアンインストールするよう勧めている。

Windows Defenderが最初からインストールされているWindows Vista/Windows 7についてはアンインストール不要。Security Essentialsをインストールすると、Windows Defenderは自動的に無効になる。

グラビアアイドルからジュニアの動画などでファイルをダウンロードした際にも有効かもしれません。

2009年10月4日日曜日

Windows 7 発売日 間近

Microsoft の新OS、Windows7の発売日が間近に迫ってきています。

今回のWindows7には、Windows XP用ソフトを動かせる機能「XPモード」を追加できるようです。

XPモードはWindows 7が発売される10月22日から、Microsoft Download Centerでダウンロード提供されます。

Windows 7のパッケージには含まれません。

XPモードはWindows 7 Professional以上のエディションで利用できます。

私は、現在、Windows Vistaを使っていますが、バージョンアップの予定はありません。もう少し様子を見たいと思います。




Windows7とは



Windows Vista をご使用なので、検索機能などの優れた機能が用意されていることをご存じだと思います。

お客様からのフィードバックは、Windows 7 を更に改善していくために役立ちます。Windows 7 では、アプリケーションの切り替えからテレビ録画にいたるまで、PC をより簡単に使えるだけでなく、世界中に広がるネットワークへより簡単に接続できます。
毎日の作業をシンプルに

Windows 7 では、基本操作がこれまでより一層簡単になりました。ホームグループを使うと、音楽、ドキュメント、プリンターなどを自宅内の他の Windows 7 PC との間で簡単に共有できます。より良いタスク バー プレビューで、開いているものをきれいに表示し、 ジャンプリスト では、右クリックだけで、最近使ったファイルなどを表示できます。

お使いの PC にすばらしい機能がどんなにたくさん搭載されていても、期待通りにスムーズに実行されなければ、意味がありません。PC がより速くスリープし再開できるように、Windows 7 を設計しました。 新しい アクション センターを使うことにより、システム メッセージがユーザーに正しく表示されるように制御できます。

Windows 7 では、PC ハードウェアの最新の進歩 (64 ビット コンピューティング やマルチコア プロセッサーなど) をサポートします。また、メモリ使用率の改善により、お使いのハードウェアで最大の操作性を実現できます。


2009年9月12日土曜日

iPod nano 第5世代

iPod nano の第5世代が発売となりました。

今回のiPod nanoには、なんと、ビデオカメラやFMラジオが搭載されています。

その上、価格は、値下がりしているではないですか。

新しく内蔵されたビデオカメラで、ベストショットを逃しません。しかもポータブルなサイズはそのまま。思い立ったらいつでも撮影できます。

息をのむデザイン。
光沢のある酸化皮膜処理されたアルミニウムボディが、鮮やかな9つのカラーに。さらに大きくなった2.2インチのカラーディスプレイで、見る楽しみも広がります。

Geniusミックス。
Geniusミックスは、あなただけのDJ。iTunesライブラリをくまなく探して、相性のいい曲を見つけ出し、あなたにぴったりのミックスを自動的に作ってくれます。

FMラジオをライブポーズで。
新しく内蔵されたFMラジオを、画期的な新機能ライブポーズで思う存分楽しみましょう。

私のiPodもそろそろ、買い替えかな。

2009年7月28日火曜日

マイクロソフト 29日に臨時パッチを緊急リリース

Microsoft Windowsユーザには、重要な情報です。

米マイクロソフトは7月28日(日本時間29日)に定例外のセキュリティ情報を公開し、Visual StudioとInternet Explorer(IE)の脆弱性に対処する2件の更新プログラムを配布すると発表しました。

Visual Studioの更新プログラムは深刻度が4段階で上から2番目の「重要」レベル」。特定のアプリケーションに影響を及ぼす問題を解決します。

インターネットエクスプローラーの更新プログラムでは、このVisual Studioの問題を突いた攻撃に対抗するためIEに多層防御を施すとともに、それとは別の非公開で報告された深刻な脆弱性を解決します。最大深刻度は「緊急」レベルで、IE 8までの全バージョンが影響を受けます。

この更新は、インターネットブラウザとしてIEを使っているユーザには必須ですね。

2009年6月3日水曜日

マイクロソフトの検索エンジン「Bing」

マイクロソフトの「Live Search」に変わる、新しい検索エンジン「Bing」の提供がはじまりました。

「Bing(ビング)」が目指すのは「ユーザーの意志決定を支援する」検索サービスだといいます。適切な情報を選別して迅速に収集し、最適な判断や意志決定ができるようにすることを目標としているようです。


現在は、まだ、表示言語を英語にしないと、全機能は使えないようですが、序所に各言語にも対応することでしょう。

日本語に正式対応になったら、YahooやGoogleとBingを比較してみたいと思います。

2009年5月14日木曜日

業界最小クラスの地デジチューナーがピクセラから

地上デジタル放送対応テレビ東芝REGZA(レグザ)Z7000を使っています。

単独の地デジチューナーも使ったことがありますが、画質にこだわらなければ、単体地デジチューナーでも十分ですね。

そんな中、実売価格1万円を切る製品が登場しました。

ピクセラは、業界最小ボディをうたう手のひらサイズの地上デジタルチューナー「PRD-BT100-P00」を発表し、6月上旬より販売します。価格はオープンで、予想実売価格は9,800円前後と1万円を切っています。。

「PRD-BT100-P00」は、幅127×奥行き105.5mmというCDケース並みの大きさで、高さ35.8mmの手のひらサイズのコンパクトな地上デジタルチューナーです。

EPG(電子番組表)を搭載しており、最大5局、4時間分の番組表を一度に見ることが可能です。文字の拡大縮小にも対応し、視聴予約機能や裏番組表機能も備えています。

この価格で、EPG(電子番組表)が表示できるのはうれしいですね。

インターフェースは、入力がアンテナ端子F型コネクタ、IR端子、出力がRCA端子(コンポジット映像・アナログ音声L/R)。

ブラウン管テレビを使っている方には、おすすめです。

2009年4月16日木曜日

IE 8の自動配布が近く開始

パソコンの標準ブラウザには、Firefoxを使っていますが、Firefoxでは表示できないサイトを閲覧する際には、IEを利用しています。

そのIEの最新版についてのニュースがありました。


Microsoft は、Web ブラウザ最新版『Internet Explorer 8』(IE 8) を、4月第3週ごろから自動更新を通じて旧版ユーザー向けに配布することを IE 公式 Blog で明らかにした。

Microsoft は3月中旬に IE 8 の正式版を公開している。自動配布の開始により、Microsoft の自動更新を利用している IT 部門の意思決定者や消費者は、IE 8 のダウンロードをブロックするか否かを決定する必要に迫られる。

ただし、IE の Blog によれば、ダウンロードをブロックしなかった場合でも、IE 8 を実際にインストールするかどうかは顧客が選択できるという。後からアップグレードしたくなった場合は、手動でインストールできる。

Microsoft は、IE 8 で Web 標準のサポートを大幅に拡大したことで称賛を浴びている。しかしこのことは、標準にあまり準拠していない IE の旧版に対応している多くのサイトが、IE 8 では正常に表示できなくなることを意味している。Microsoft の方でも、IE 8 での表示に特別な設定が必要なサイトのリストを作成するなど、いくつか手は打っているものの、それでもすべてのサイトを拾いきれていないのが現状だ。

そのため Microsoft は、なるべく多くのユーザーになるべく早く IE 8 へ移行するよう働きかける一方で、特に企業の IT 部門を中心とした顧客の多くが、IE 8 を実際に配備する前にテストを行ない、自組織向けの配備計画を策定する必要があることも認識している。

このプロセスを支援するため、Microsoft は1月に IE 8 の自動更新をブロックする無料ツールキットの提供を開始した。同ツールキットには使用期限はない。

IE 8 の主席プログラム マネージャ Eric Hebenstreit 氏は、IE 公式 Blog の10日付記事で次のように説明している。「当社は先週、IE 8 のプレリリース版 (ベータ2版またはリリース候補 [RC] 1版) を利用中のユーザー向けに、自動更新による IE 8 の配布を開始した。その目的は、IE 8 をインストールすることを選択したユーザーが、最新版を確実に入手できるようにすることだった」

しばらくは、IE7を使っていようかなとも思いますが、WEBブラウザを入れ替えて、試してみたい気もしますね。

もう少し、検討してみたいと思います。

2009年4月1日水曜日

MSN 版 IE 8無償ダウンロード開始

普段使っているパソコンDELLパソコン Dimension 9200には、FirefoxとGoogle ChromeをWebブラウザとして使っています。

そんな、私も気になるIE8に関するニュースがありました。


マイクロソフトは2009年3月20日、ポータルサイト「MSN」向けに最適化されたブラウザ「MSN 版 Windows Internet Explorer 8(MSN 版 IE 8)」の無償ダウンロードを開始した。

発表によると MSN 版 IE 8では、IE 8の新機能である「Web スライス」を利用し、「MSN 産経ニュース」、「MSN ビデオ」、「MSN スポーツ」などをワンクリックで閲覧できる。

さらに、Microsoft Live Search や、MSN の主要チャンネルに対応した「アクセラレータ」がプリインストールされており、サイト内の気になった言葉をマウスで選択、クリックすることで、検索や翻訳が可能となっている。

また、Windows Live Hotmail、Windows Live Messenger などとの連携も強化されているそうだ。

「MSN 版 IE 8」は、公式サイトからダウンロードできる。

Microsoft は、正式版を公開したばかりの Web ブラウザ『Internet Explorer 8』(IE 8) について、危険性を伴うおそれのあるセキュリティ ホールの詳細を調査中だと認めたが、提供中の IE 8 が深刻な攻撃の危険にさらされているとの憶測は打ち消した。

実際のところ、Microsoft のセキュリティ関連 Blog『Security, Research, and Defense』の記事によれば、19日に正式版の一般ダウンロード配布を開始した IE 8 では、可能性のある悪用方法が機能しないという。

先週、カナダのブリティッシュ コロンビア州バンクーバーで開催された年次セキュリティ カンファレンス『CanSecWest 2009』で、IE を攻撃する高度な手法が研究者らによって明らかになった。同カンファレンスの脆弱性発見コンテスト『Pwn2Own』で、参加者が IE 8 をはじめとする主要ブラウザの攻撃に成功したためだ。

Microsoft のセキュリティ対策広報を務める Christopher Budd 氏は取材に対し、Eメールで次のように述べている。「当社は現在、Internet Explorer 8 に脆弱性が存在するおそれがあるとの報告について調査中だ」

とはいえ Microsoft の主張によれば、CanSecWest で攻撃を受けた IE 8 のバージョンは、一般公開した正式版と異なるものだという。

「調査の詳細についてはコメントできないが、2009年3月19日にリリースした RTW 版(『Release to Web』の略で一般公開した正式版のこと) の場合、(悪用の) 成立を困難にするいくつかの修正を施しているため、CanSecWest で披露された攻撃実施例は成功しないと言える」と Budd 氏は述べている。


セキュリティーについては、企業でも素早く対応していると思うのですが、自分が、IE8を使うのは、もう少し安定稼動してからにしたいと思います。

2009年3月29日日曜日

ビデオカメラ機能を搭載したアナログ腕時計

OTASは、ビデオカメラ機能などを搭載したアナログ腕時計「Video Camera アナログ Watch 8GB」の取り扱いを開始しました。
価格はオープン、同社直販「OTASダイレクト」販売価格は9980円だ。

Video Camera アナログ Watch 8GB  カメラはアナログ盤面の“1時”と“2時”の間にこっそり設置されている

Video Camera アナログ Watch 8GBは、アナログ腕時計型の筐体を採用する超小型ビデオカメラで、文字板面に小型のピンホール式カメラを搭載。352×288ドット/AVI形式で動画を撮影することが可能だ。製品仕様は、サンコーより販売された「VIDEO CAMERA Analog Watch 4GB」に近いが、内蔵メモリは8Gバイトとなっている。

内蔵メモリには最大約15時間の動画を保存可能。動画の解像度は352×288ピクセルで、ファイル形式はAVIとなる。付属のUSBケーブルを使えば、8GバイトのUSBメモリとしても利用できる。

リチウムイオン充電池で動作し、バッテリー駆動時間は連続ビデオ撮影時で約80分。PCとの接続インタフェースはUSBに対応、本体重量は約110グラムだ。

いろいろなカメラが発売されていますね。私は、DMC-FX37 パナソニックのLUMIXを使っていきたいと思います。

2009年3月4日水曜日

アップルがiMacの新モデルを発表

私のメインパソコンは、DELLパソコン Dimension 9200です。Windows Vistaを搭載していますが、メモリ増設をDELLパソコンへ行っているため、快適に動作しています。

そんな私にも気になる情報です。

アップルがiMacの新モデルを発表

アップルは3月3日、コンシューマー向けデスクトップPC「iMac」の新モデルを発表しました。ラインアップは従来の3モデル構成から、24型ワイド液晶(1920×1200ドット)を搭載した上位3機種と20型ワイド液晶(1680×1050ドット)を搭載する下位機種の4モデル構成と拡充しています。

表面をガラスで覆った黒縁デザインの液晶ディスプレイやアルミニウムの外装などは変わりませんが、今回のアップデートでは基本アーキテクチャが大幅に刷新されています。具体的には、チップセットがNVIDIAのグラフィックス統合型チップセット「GeForce 9400M」ベースに移行し、メモリが800MHzのDDR2から1066MHzのDDR3に変更されています。また、上位2機種は外付けグラフィックス機能としてNVIDIAの最新GPUであるGeForce GT 120、およびGeForce GT 130が採用されたほか、CTOの選択肢には新たにATI Radeon HD 4850が加わっています。


 アップルによれば、ATI Radeon HD 2400 XTを搭載した従来のiMac(最下位モデル)に比べて、グラフィックス性能はGeForce 9400Mで最大2.3倍、GeForce GT 120で最大2.6倍、GeForce GT 130で最大4.2倍、ATI Radeon HD 4850で最大6倍高速としています。


 プロ向けのMac Proは、開発コード名「Nehalem」の新CPUであるXeon 5500番台/3500番台を採用し、メモリもDDR2 ECC FB-DIMMからDDR3 ECC SDRAMに変更され、最大32Gバイトまで搭載可能になっています。グラフィックス機能は512MバイトのGDDR3メモリを備えたNVIDIA GeForce GT 120搭載カードになり(BTOでATI Radeon HD 4870も選択可)、描画性能がアップしています。加えて内部構造が見直され、メンテナンス作業が容易に行えるようになった。価格は8コアモデル(MB535J/A)が35万8000円、クアッドコアモデル(MB871J/A)が27万8800円です。

仕事では、なかなか使うことが出来ないiMacですが、自宅では使ってみたいパソコンですね。

ちなみに、アップル(Apple)の製品は、まだiPodしか持っていません。

2009年2月14日土曜日

フルHD対応スケーラブル映像コーデック

 インターネットで動画を楽しむ際に、とても有効な、映像コーデックが開発されました。

 私も東芝REGZA(レグザ)Z7000のアクトビラで映像を楽しみたいので、とても嬉しい情報です。

 NTT(日本電信電話)は、MPEG-4 AVC/H.264の拡張規格であるSVC(Scalable Video Coding)に準拠したコーデック(符号化/復号化)システムを開発したと発表しました。2009年4月開催のNABショーに出展します。

 このコーデックは、ソフトウエアで構成されており、いわゆるフルHD(1920×1080画素のHDTV)からモバイルまでの様々な解像度の映像を1つの圧縮データで再生できるスケーラブル映像圧縮という機能を実現します。従来の主要な動画像系コーデック技術では、異なる解像度の映像の要求に応じて、複数の圧縮データが存在してしまい非効率でした。

 開発システムは、エンコーダによる圧縮データの生成とデコーダによる複数解像度映像の再生をともにリアルタイムで処理することが可能です。こうした機能をフルHDの解像度で実現したのは世界初といいます。

 フルHDのような高解像映像をリアルタイム圧縮処理するためには、画質を落とすことなく演算量を効果的に削減することが重要なポイントとなる。「階層構造を利用した高速モード選択」や「階層ストライプ並列エンコーディング」という技術を導入して解決を図っています。

2009年2月3日火曜日

Blu-ray(ブルーレイ)に4月から私的録画補償金を課金

シャープ デジタルハイビジョンレコーダー DV-AC52を使っていて、Blu-ray(ブルーレイ)はまだ持っていない私にも気になるニュースです。

文化庁は、Blu-ray Discとレコーダーに、4月1日から私的録画補償金を課金する方針

 文化庁は、Blu-ray Disc(BD)とBDレコーダーに対する私的録画補償金の課金を、4月1日に始める方針です。今週中に著作権法施行例の改正案を公開し、パブリックコメントを募集します。

 Blu-ray Disc(ブルーレイ ディスク)課金は、昨年6月に文部科学省と経済産業省が「ダビング10」実施に向けた措置として合意しています。文化庁は、権利者側から早急に課金を始めるよう要望を受けていたといいます

 なお、これには、「ダビング10」「iPod課金」は含まれていません。

 確かに、ブルーレイディスクだけだと、不公平感はありますね。今後は著作権との関係がますます深くなっていきそうですね。
 
 やしちこ部屋ではDVDがメインですが、今後はBlu-ray Disc(ブルーレイ ディスク)も増えていくと思われます。

2009年1月29日木曜日

迷惑メールの9割に悪質リンクが入っている

 電子メールを利用する際に注意が必要な情報があります。

 私にも、迷惑メールが日に60通ほど届いています。何とか対策をとって欲しいものです。


 パソコンのウイルス対策ソフトなどを販売する、セキュリティ企業の米シマンテックは、最近の迷惑メール動向を発表しました。それによると、迷惑メールのおよそ90%には、商品の販売サイトや悪質サイトなどへ誘導するリンク(URL)が記載されているといいます。

 迷惑メールに記載されているURLのトップ・レベル・ドメイン(TLD)を調べたところ、最も多かったのはgTLD(一般ドメイン)の「com」でした。迷惑メールに記載されたURLの57%がcomドメインだったといいます。

 そして、最近増加傾向にあるのは「cn」ドメインのURLです。これは、中国のccTLD(国別ドメイン)です。2009年1月中の観測データを平均すると、記載されたURLの32.5%がcnドメインでした。

2009年1月24日土曜日

QuickTime 動画ファイルを開くだけで被害

パソコン動画を見る機会は増えていると思います。

そんな中、セキュリティに関する不安な情報がありました。


「QuickTime」に危険な脆弱性、動画ファイルを開くだけで被害の恐れ

アメリカのアップルは2009年1月21日、アップル社の音楽/動画再生ソフト「QuickTime」に脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったことを明らかにしました。細工が施された動画ファイルを開いたり、リンクをクリックしたりするだけで被害に遭う恐れがあります。
同日公開された新版「QuickTime 7.6」で修正されています。

パソコンにパソコンのウイルス対策ソフトを導入していても、感染してしまうのでしょうね。

私は、すぐに、QuickTime 7.6をインストールしました。

動画を見る機会はますます多くなってくると思いますので、アップデートはこまめに実施したいですね。

2009年1月19日月曜日

VAIO type P がSONYから

ポケットスタイルPCの「VAIO type P」がSONY(ソニー)から発売されました。

VAIOの新シリーズとなる薄型軽量のミニノートPCです。コンセプトがしっかりしたパソコンですね。

 “ポケットスタイルPC”という新コンセプトを掲げ、高機能化した携帯電話とともにPCを持ち出してもらうため、薄型・軽量化に注力しつつ、PCの強みである「キー入力のしやすさ」と「情報表示能力の高さ」を重視して設計したといいます。

 ボディは同社が“ジャストKeyboardサイズ”と呼ぶパームレストのない横長のデザインを採用しています。本体サイズは245(幅)×120(奥行き)×19.8(高さ)ミリ、重量はVGN-P80H/Wが約636グラム、VGN-P70H/R・G・Wが約634グラムです。バッテリーはリチウムイオンポリマーを採用。駆動時間は標準バッテリーで約4.5時間、別売のバッテリーパックL装着時で約9時間。

 キーボードはキーとキーの間にスペースを設けた日本語86キーのアイソレーションキーボードを搭載します。主要キーのキーピッチは約16.5ミリ、キーストロークは約1.2ミリ。ポインティングデバイスはスティック型で、3つのクリックボタンを備えています。

 OSはWindows Vista Home Basic SP1です。電源オフ状態からすぐに起動してWeb閲覧などが行える「インスタントモード」を搭載しています。内蔵GPSによる位置情報と連携する地図アプリケーションや地域情報検索機能などを活用できるほか、HD動画ハードウェアデコーダーの搭載で、ハンディカムなどで撮影したAVCHDムービーの再生が可能です。

 ソニーが投入するtype Pは、Netbook市場が陥いる価格競争から「一線を画す」のも狙いです。高解像度液晶や超小型・軽量ボディといった技術の結集を、「いつでも持ち出せる」「手放せないPC」というネット時代のライフスタイル提案につなげ、Netbookとの価格差以上の付加価値を訴求していきます。不況のさなかの新市場立ち上げという困難が伴いますが、成功すれば価格競争に巻き込まれず、「VAIO」に求められるブランドイメージも維持できます。

2009年1月17日土曜日

Microsoft Officeの20周年を記念した優待パッケージを発売

 Microsoft Officeを使っている方には朗報です。

 マイクロソフトは2009年1月15日、Officeの20周年を記念したキャンペーンの第2弾として、「Office Standard 2007 アップグレード」と「PowerPoint 2007 アップグレード」の優待パッケージを1月30日より発売すると発表しました。前者が1万7800円、後者が9980円で、いずれも通常価格の6割程度になります。同社からの製品出荷は2009年3月末までの期間限定です。全国の量販店やオンラインショップのほか、同社のオンラインストア「Microsoft Store」からダウンロード購入も可能です。

 アップグレードの対象製品は、Office Standard 2007がOffice2000/XP/2003もしくはこれらに含まれる単体製品、PowerPoint 2007がPowerPoint 2000/2002/2003もしくはOffice 2000/XP/2003/2007です。パッケージ製品とパソコンへのプリインストール製品のどちらでもOKです。

 私のDELLパソコン Dimension 9200には、Open Officeと Kingsoft Officeをインストールして利用しています。
 しかし、Microsoft Officeソフトはインストールしていないので、アップグレードは利用できないのが残念です。
 アップグレード版だけでなく、通常版も割引した激安パッケージを販売してもらえると、うれしいですね。

2009年1月8日木曜日

Windows 7 Sample版の無料ダウンロード

 Microsoftは、Windows Vistaの後継OS「Windows7(セブン)」のサンプル版を9日からネット上で個人利用者向けに公開する、と発表しました。無料でDownloadして性能などを試すことができます。利用者の評価などを踏まえて改良し、10年初めごろの発売を目指しているようです。

 「7」は、ビスタの技術を基盤にしており、ソフトの安定性や省電力性、デジタル製品との互換性が高いのが特長です。日本では13日からダウンロードが可能になります。

 Windowsシリーズはこれまで、世代交代のたびに高性能の中央演算処理装置(CPU)や記憶容量を必要としてきました。しかし、07年1月に発売したビスタはあまりに多くの記憶容量などが必要で、古いパソコンではビスタへの切り替えができないなどの問題が起きました。このため「7」では、あまり使わないソフトを極力そぎ落として必要な容量を減らし、利用者が欲しいソフトがあればネットを介してダウンロードしてもらうことにしました。

 WindowsXPをインストールしている、ノートパソコンがあるので、必要なスペックが足りていれば、是非インストールして、試してみたいですね。