能取湖 サンゴ草 を網走市で

北海道網走市の能取湖では、サンゴ草を見ることができます。

サンゴ草とは
​​​サンゴ草は、塩分の多い湿地に生える葉の無い一年草で高さは10~20cm。多くの節がある茎が対生している。
9月中旬から10月にかけて、サンゴのように美しい赤変をし、ヤチサンゴ 又はアツケシ草とも呼ばれている。
日本では、網走国定公園に最も多くみられ、特に能取湖南岸の卯原内付近の大群落は美しい景観である。
​​​
北海道網走市の能取湖

能取湖では、丁度 能取湖さんご草祭りを実施していて、沢山の観光客の人がいました。

能取湖さんご草祭り

サンゴ草の上には木道があり、サンゴ草群生地の中まで、歩いていくことができます。

サンゴ草

ズームしてみると、つくしのような節がある、見たことが無い草ですね。

能取湖のサンゴ草

能取湖のサンゴ草は、赤い絨毯のように綺麗ですが、少し斑になっているので、もっとびっしり生えるともっと綺麗になりそうです。