オシンコシンの滝

 知床五湖から向かったのは、オシンコシンの滝です。

オシンコシンの滝の看板

​​​​源流は、知床半島の中央部に位置する遠音別岳西側斜面である。名前の由来はアイヌ語で「川下にエゾマツが群生するところ」を意味する「オ・シュンク・ウシ」から転じた。ちなみに滝がかかる川「チャラッセナイ」の由来は、同じくアイヌ語で「チャラチャラ流れ下る川」からである。知床半島第一の大瀑であり、観光名所となってからは滝の2条の流れから双美の滝とも称される。

駐車場から滝の中ほどまで階段で登ることができ、岩盤の節理面に大きく2つに広がって流れる滝を正面から間近で見ることができる。知床八景の一つに数えられ、国道334号沿いにあること、滝と駐車場の位置関係が近いことから、観光バスが立ち寄ることも多い。

滝の上方には国道334号の旧道が通っており、旧道からはオホーツク海を背景に滝を見下ろすことができるが、法面損傷が発見されて以来、断続的に落石防止工事が行われており、斜里市街方面 - ウトロ方面を通り抜けることはできなくなっている。

また、2009年(平成21年)までは、滝のそばにある売店周辺に茶色の猫が棲みついており、観光客に人気の存在となっていた。

​​​​オシンコシンの滝は、駐車場からとても近いので、行きやすい滝ですね。

「日本の滝100選」にも選ばれているようです。

オシンコシンの滝


近づくと、水しぶきを浴びるぐらい近いです。

接近してオシンコシンの滝


撮影は今一カメラを使いこなせていませんね。

手軽に見ることのできるオシンコシンの滝は、気軽に見ることができるので、観光にオススメです。